STAFF BLOG

おはようございます。

 

突然ですが、お連れ様とバーに来店したときに、カウンター席に座る魅力について考えたことはありますか?

 

いえね、さきほど、BRUTUSでバー特集されてるなんてボスが言うもんだから、読んだんですよ。

 

そこには「(カウンターがあるから)バーは向かい合わないで人と話せるのがイイ」的なことが書いてあって、「ああ、なるほどなあ」とは(漠然と)思ったんですが、それがどう魅力的なのか、イマイチ、というかほとんどわからなくて。

 

 

でも、バーのカウンター席には、お連れ様と一緒に座る魅力があるらしい。

 

そう思ったら、なんとなく「試してみたいかも」と思えてきました。

 

***

 

カウンター席でふたり並んでお酒を飲む脳内シミュレーションをしてみました。

 

【嫁】

気になるワインを頼んでみたりして、ちょっとした冒険をしそう。で、「美味いなぁ……」だなんて余韻に浸り始めて、「うわ、俺キモチワルイな」と思うけれども、「飲んでみる?」とか言い出して、「美味いだろ?」とか言いそう。このあたりで「こういう男キモいな」とは思いつつも、「たまにはこういうキモいかんじでもいいかもしれない」と思っちゃうかもしれない。目の前の壁にコツンとグラスを当てはじめる可能性まである。これはもう半分自分と酒を飲んでいる状態だ。こわっ。完全にバカになってる。

 

【久しぶりに会った、気の置ける友だち】

思いの丈をしゃべっちゃいそう。抱負を他人に口にするとかダサいなとは思っていながらも、ポロッと口にしちゃいそう。壁に話してる感じになってくる。向かい合っているときには相手の話を聞いて、それに答えるだけになりそうだけど、壁に向かっているとボロが出そう。で、とつぜん肩を組んだりしそう。隣との距離が近すぎるし。体育祭の打ち上げのときみたいな、そういう感覚。

 

【久しぶりにあった、あんまり仲良くない友だち】

気を遣いきって終わりたいのに、目の前にいないから気を遣いづらい。だんだん斜めに座るように移行して、向かい合おうとしている。向かい合ってないと、落ち着かない。警戒してると無理だ。カウンター無理。あー、はじめて気づいた。前ならいいけど、横はダメだ。横はゴルゴの背中状態。そういえば、商談とかだと、ぜったいに向かいあうよなぁ。ぜったいそう。それ、警戒態勢を解除できないからなのかも。横は無理だ~。

 

***

 

脳内でシミュレーションしてみた結果、気を許していない人間が隣にいるのはキツイということと、気を許している人なら自分と向き合うようにしてお酒を飲めて楽しいということがわかりました。

 

ひとりで飲んでいるわけじゃないのに、ひとりで飲んでいるような感覚も味わえちゃう。

 

これは発見かもしれない。

 

でも横に要警戒人物がいると、マジできっつい。これはぜったいに避けなければならないと思いましたね~。まぁ、そういう事態に陥ることはないですが。あったら、全力回避だ!

 

ちなみに雑誌の1ページには、こう書いてあります。

 

「人は向かい合うと最終的には喧嘩でしょ?(笑) 同じ方向を見ながら話し合えるのは実はカウンターならではのコミュニケーション。話がしやすいから自由な関係が生まれる、カウンターの持つ魔法だよね」

 

たしかに向かい合っていると、少なからず構えている自分がいます。でもそれが横だと、感覚的にちょっと違う。同じ人とお酒を飲んでいたといて、向かい合っているのと、横に座っているのとでは、会話も変わるかもしれない。それに、自分自身の気持ちも大きく変わるだろうことにも気づきました。

 

やっぱりお酒を飲むなら、ちゃんと気持ちよくなりたい。

 

気の置ける人と一緒なら、テーブル席よりもカウンター席に座ったほうが、気持ちよさそう。普段は出さないようにしている自分がでちゃうだろうけれど、それは気持ちよくなっている証拠かも。それに自分だけじゃなく相手も同じような気持ちよさを感じて、いつもとはちがった話をしてくれたり、気づいていなかった相手の魅力に気づけるきっかけにもなるかも。それは、いいなぁ。

 

あと、この件に関して店長にも聞いてみたら他にもいろいろ出てきたので、それも列挙しておきます。

 

・シャイボーイなら相手の目を見て話さなくていいよね

・女性の武器「ソフトタッチ」も出しやすいよね

・上司が部下を諭すときに部下のダメージが少なく済むよね

・高さがあるから料理がより美味しそうに見えるってのもあるかも

・テーブルよりポーズがかっこよく見えるかもね

・彼女ならスマホの画面とか見せるときくっつけていいよね

・椅子が高くて足がブラブラするから吊り橋効果もあるね

 

こんなかんじ。

 

もういっこ付け加えるなら、「コピーライター的に言うと、カウンター席に座るとその先の予感がある」とも言っていました(笑)。かっこいいかよ。さすが店長。「カウンター席に座ると、そのときにも、そのあとにも何かが起こるんです」とキッパリ。マスターはモノが違うなぁ。

 

何かを起こしたいときには、本当にカウンター席がイイ仕事をするのかも。カウンター席はバーならでは。カウンターで何かを起こしたいときにも、ぜひLuzをご利用ください!←