STAFF BLOG

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは、Luz幽霊スタッフのきくちです。

 

最近、肉々しい食いもんに関する原稿ばかりに勤しんでいたせいか、つねに鼻腔から肉汁の匂いがして困っています。

 

鼻腔の中でBBQをしている小人がいるんじゃないかと不安です。

 

さて。

 

12月も、もう7日ですか。

 

風のように1週間が過ぎ去っていきました。

 

思えば2016年、藤子・F・不二雄大先生の漫画のキャラクターのクルクル足のように速足で過ぎて行っているのですから、まあ一週間なんてあっという間だよなぁ、とも思いますが。

 

何もかもあっという間です。

 

人の人生も、あっという間なのかもしれませんね。

 

そういえば最近、「人生100年時代」なんて言葉をテレビやらWeb記事やらで見聞きすることが多い気がします。

 

本当にそんなに長生きする人が多い時代がやってくるのでしょうか。

 

合戦の時代には人生50年と言われていたそうです。

 

それが今や、人生100年ですか。

 

たかだか数百年の間に、すさまじい変化があったものです。

 

たとえばネコなら、だいたい15年くらい生きると言われているようですが、数百年後に30年生きるようになっているかというと、そんなことはないと思います。

 

人間は、不可能を可能にできる唯一の生物なのだなぁ、なんて思ったり。

 

そんなことばかり考えているこの頃です。

 

ええと。

 

はい。

 

それだけです。

 

すみません。